2006年05月29日

夕焼け

image/kaorumusic-2006-05-29T19:33:50-1.jpg

夕焼けに染まる空
あした天気になあれ
posted by 薫 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

麦秋

image/kaorumusic-2006-05-24T18:34:37-1.jpg

今日は風が強いから
黄金色の麦の穂が
ゆさゆさとゆれている
まるで波のようにね
posted by 薫 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

夕暮れの風景

image/kaorumusic-2006-05-21T18:57:54-1.jpg

何でもない1日が
静かに暮れようとしています

あなたにとって
今日はどんな1日でしたか?
posted by 薫 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

オトナの男、オトナの女

オトナの男ってどんなだろう

オトナの女ってどんなだろう

ひとりで生きてゆける人なんだろうか

ワイングラスの似合う人なんだろうか

今はまだわからないけど
ひとりの淋しさを知っていて
誰かの淋しさをわかってあげられる人なんだよ
たぶんね
posted by 薫 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

『Blue Sky Blue』


いつも空を見上げて
僕はずっと走ってた
何気ないシアワセを
当たり前と思ってた

空の青さを信じてたんだ


「それなりのオトナ」になれた・・・気がする
仕事も恋愛も人並みだけど

いつもアタフタして 余裕なんてなくて
平気なフリをしてもすべて
見透かされてそうで・・・ドキドキ!

あの頃はポケットに
夢と希望つめこんで
夕焼けを追いかけて
僕はいつも走ってた

雲に乗れると信じてたんだ


今の僕の歳に父親だった
オヤジを思ったら・・・ちょっと尊敬

「オヤジとオフクロの子供でよかった」と
ずっと感謝してたよ マジで
照れて言えないけど・・・アリガト!

いつかオヤジみたいな
親に僕もなれるかな
僕が見てた景色を
ちゃんと見せてやれるかな

空を見上げて考えたんだ


ねぇ 子供の頃に見上げたオトナは
そう もっとオトナでカッコよくって憧れてた
今の僕はどうだ!?


今だからわかるんだ
僕らいつも守られて・・・
今だから思うんだ
僕ら次に伝えなきゃ・・・

いつも空を見上げて
僕はずっと走ってた
何気ないシアワセを
ずっとずっと守りたい

空の青さにそう誓ったんだ






ひとこと
posted by 薫 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

やさしい歌をつくりたい

ずいぶん長い間、更新できないままでいました。

スランプと言えば聞こえはいいのですが、私の場合は修行中の身ですから、自分の中の迷いにがんじがらめになっていた、とでもいうべきでしょう。
何度も曲を聴いても情景やイメージが浮かばず、音楽の神様に見放されたかのような絶望感にさいなまれたりしていました。

それでも、やはり私は音楽が好きです。
自分が音楽で癒され、救われてきたように
誰かの心にそっと寄り添うような
誰かの心をそっと勇気付けられるような音楽を創りたい。
その想いは変わらなかったし、今も変わりません。

世の中には、いろんなことを器用にこなせる人がたくさんいます。
誰かを傷つけたり不安に陥れたりして自分を守ったり強く見せたりする人もいます。
だけど、私のように不器用でもがんばっている人もいます。
派手に立ち回れなくてちょっと損しちゃうこともあるけど、それでもコツコツと地道に生きている人がいます。

私は不器用です。
ちっともスマートな生き方じゃないし、いつもじたばたしてるし、何をやっても自信がもてなくて、めちゃくちゃかっこ悪い。

でもね、いい音楽が創りたいだけなんです。
ふとしたはずみに思い出したり口ずさんだりして、誰かの背中にぽんぽんと手を添えるような、気持ちが少しでもあったかくなれるような音楽が創りたいのです。

だから。
もう一度、がんばってみようと思います。
すぐに気持ちが揺れてしまう弱い私だけど、これだけはあきらめられないし、あきらめたくないのです。
あきらめたら、今までがんばってきたことすべてが終わってしまうから。
あきらめなければ、ほんの少しずつでも前に進めるから。
だからね、がんばってみます。
いつか、やさしい歌をつくるために。
posted by 薫 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。